アリストトリスト会社サイト アリストトリストショップ 蝶野正洋マネジメントサイト
蝶野選手がアンバサダーとして登場!『スーパーオクトーバーフェストin東京ドーム2012』リポート
Share on Facebook

蝶野選手が“アンバサダー”を務めた『スーパーオクトーバーフェストin東京ドーム2012』が、11月30日から12月2日まで東京ドームで開催され、大盛況のうちに終了しました。

イベントは3日間とも来場者が多数詰めかけ、グランド内に設置されたイスは満席状態。グランド中央のステージでは、ドイツ民俗音楽バンドの演奏をはじめ、常に何かしらのイベントが行われ、訪れた人たちは本場ドイツのビールと食事、快い雰囲気に酔いしれました。

蝶野選手は、初日の11月30日と最終日の12月2日に登場しましたが、今回はステージ上だけでなく、バックステージの風景なども紹介しましょう。

 

<『スーパーオクトーバーフェストin東京ドーム2012』風景>

最初に蝶野選手が登壇したのは、今回のイベントに協力をしてくれた全日本プロレスのステージパフォーマンスでした。全日本プロレスは11月30日に、東京ドーム隣の後楽園ホールで最強タッグ決定リーグ戦優勝戦を開催していましたが、試合前にも関わらずバンビ・キラー選手、フランツ・ダイナマイト選手が駆けつけてくれました。

挨拶のあとタオルを使った来場者との綱引きゲーム。蝶野選手も参加。

バンビ選手とフランツ選手による乾杯の歌で「ブロスト!」。

新日本プロレス参戦中で親交のあるMVP選手がオフを利用して蝶野選手に会いにきてくれました。

出演者のテツandトモさんと一緒に記念撮影。

初日の夕方にはオープニングセレモニーのビール樽割り式に出席。駐日ドイツ大使、もう一人のアンバサダーの春香クリスティーンさんらとともに記念撮影に応じました。

蝶野選手の初日最後のステージ対応は、ZERO1のステージパフォーマンス。大谷晋二郎選手、上田使徒選手、ジェームス・ライディーン選手、ティム・エジソン選手の4選手が登場。沖田リングアナも参加して、芸達者な面々がオリジナルパフォーマンスを披露して会場を盛り上げました。

 

12月2日の最終日、会場入りした蝶野選手は、救命救急の啓発活動を通じてお世話になっている東京防災救急協会のブースに立ち寄り、救急救命の大切さをPR。

蝶野選手がファンであることを公言するCLIFF EDGEのメンバーも遊びにきてくれました。

最後の登場は、ドイツ民俗音楽バンド「ヴォーホー アンド カレンダーバンド」ステージの特別ゲストとして登場。MCのSaschaさんと一緒に、来場者にオクトバーフェストの楽しみ方、代表的な踊りをレクチャーしました。

 

★MASAHIRO CHONO OFFICIAL SITE★

【お問合せ】 アリストトリスト有限会社

【TEL】 03-6438-0770

【e-mail】 management@aristrist.com

About

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です