アリストトリスト会社サイト アリストトリストショップ 蝶野正洋マネジメントサイト
蝶野選手が仙台でチャリティープロレスイベントを開催!
Share on Facebook


蝶野選手が9月18日、仙台市立蒲町小学校において、東日本大震災 復興チャリティープロレスイベント『FIGHT & LOVE』~若林区六郷・七郷~を開催しました。

同イベントは、宮城県仙台市若林区中央市民センター、東北学院大学災害ボランティアセンター、アリストトリストが主催となり、みちのくプロレス、大日本プロレス、SMASHの協力のもと、全5試合を行いました。



試合以外にも、ちびっこプロレス教室、ちびっこリングアナ教室、ちびっこレフェリー教室が行われ、先生役を務めた蝶野選手は、子供たちを優しく指導。第1試合は教室で活躍した子供が特別リングアナ&レフェリーを務め、大歓声を受けていました。



さらに、フラ・タヒチアンダンスショー&教室、フラワーアレンジメント教室も開かれ、蒲町小学校にはたくさんの人が詰め掛けました。食のコーナーではみちのくプロレスの新崎人生選手が店主を務める『徳島ラーメン人生』をはじめ、いくら丼や牛串なども無料で提供され、蝶野選手たちが力いっぱいついた餅も振舞われました。



総合司会は黒田アーサーさん、斉藤まりさんが務め、ゲストとして格闘家のニコラス・ペタスさん、IGFの8・27両国大会で蝶野選手と対戦した長島☆自演乙☆雄一郎選手もイベントに参加。9月25日に大阪府立体育会館で開催されるK-1大会に出場する長島選手は公開ミット打ちを披露しました。



第4試合で新崎選手と組み、AKIRA選手、気仙沼二郎選手と対戦した蝶野選手は、シャイニングケンカキックからのSTFで沼二郎選手を撃破。さらに、当日急遽駆けつけたザ・グレート・サスケ選手が加わるボーナストラックの18人参加のバトルロイヤルにも出場しましたが、残念ながら3番目に失格となりました(バトルロイヤルはサスケ選手が優勝)。

「普段の有料のものとは違い、堅苦しいものではなく、とにかく楽しめるイベントにしたかった」という蝶野選手の意向から、約5時間かけてさまざまな催しを用意したイベントは、延べ1200人が集まり大盛況となりました。

震災から半年。蝶野選手は、今回のイベントを通じて、被災地の方々を励まし、勇気づけ、そして笑顔を届けたいという思いでいました。そうした思いを伝えるだけでなく、被災地の方々の復興へかける強い思い、前を向いて歩く子供たちの笑顔に触れ、「今後も状況を見て、こういう試みを続けていきたい」とチャリティープロレスイベント継続に意欲をのぞかせました。

★ARISTRIST CHONO KINGDOM★

【お問合せ】
ARISTRIST CHONO KINGDOM
【TEL】 050-5530-0464
【e-mail】 management@aristrist.com

About